男だったらバイアグラ

バイアグラの使用量と副作用について

バイアグラとは、勃起不全治療薬として高い効果が期待できる薬で、アメリカでは1998年、日本では1999年に正式販売が認められました。現在では勃起不全治療薬として世間に幅広く認知されていますが、本来はアメリカの臨床試験において狭心症の治療薬として開発されたものでした。その開発の中で、臨床試験に参加した被験者が、その薬を返したがらなかったのです。その理由が、勃起不全に非常によく効くという理由だったことからその効能が発見され、勃起不全治療薬として世に送り出されるようになったのです。
そんなバイアグラですが、25mg、50mg、100mgという3種類の錠剤が存在しています。その中で日本国内で承認されているのは25mgと50mgの2種類になります。ですので基本的に100mgは医師の処方では得ることは出来ず、個人輸入などで手に入れることは出来ますが、この100mgは日本人にとっては強すぎるので、使用は避けた方が良いです。基本的には3種類とも得られる効果の種類に違いはありませんが、効果の強さ、副作用の強さに違いが出てきますので、そのことを考慮して使用量を選ぶ必要があります。
その中で病院で処方されるのは、50mgが最も多いです。バイアグラは空腹時に服用することで、最も早くて30分後から効果があらわれ始め、約5時間ほど効果を継続してくれます。その効果を得るには、50mgが最も適しているのです。ただ勃起不全の程度が軽い人や、高齢の人、肝臓や腎臓に病気を抱えているなどの人には、副作用のリスクを考慮して25mgを処方されることもあります。それだけ個人の身体の状態によって、適した量というのは変わってきますので、初心者の人は25mgから始めた方が良いでしょう。あらわれやすい副作用としては顔のほてりや、動悸、頭痛、目の充血、鼻詰まりや胸やけなどがあります。これらが強く出た時は、量を減らして服用するか、医師の診断を仰ぎましょう。