男だったらバイアグラ

バイアグラの効果はやっぱり絶大

世界で初めて認可されたED治療薬として有名なのがバイアグラです。バイアグラは精力剤や媚薬のようなものではなく血流を改善させて勃起を促進させるための薬です。勃起のメカニズムとしては性器に存在する海綿体に血液が集まることで硬くなりますが、人体には勃起を抑制させる酵素が存在します。この酵素が優勢のままの場合に勃起不全が引き起こされてしまいます。バイアグラを服用することによって有効成分が勃起抑制酵素の働きを妨げるので勃起を促進することができます。また、バイアグラを服用しても性的興奮を感じて脳から指令を出さない限り勃起には至らないため服用したからといって勃起したままになるわけではないので安心して服用することができます。
バイアグラを服用するうえで注意しなければいけないことがいくつかあります。まず、空腹時に服用しなければ効果が現れるまでの時間が遅れてしまったり効果自体も半減する可能性があります。また、服用する際は水やお茶、アルコールでも問題ありませんが牛乳などは薬の吸収を妨げる可能性があるので注意が必要です。薬の作用は空腹時では30分程度で効き始め持続時間は4~5時間ほどとなっています。また、1日の服用は1回とされており服用間隔は24時間以上あけることが必要です。
バイアグラには血管拡張作用があるので副作用として飲酒をした時のような顔のほてりや目の充血などが洗え荒れることがあります。また、血圧も2~3ほど下がることもありますが、副作用は数時間で治まるため心配する必要はありません。まれに頭痛や動機、鼻づまり、光に過敏になるなどの症状も現れますがこちらも作用している4~6時間程度で症状が治まるのであれば気にする必要はありません。

バイアグラを使う時の注意点とは

バイアグラを服用する時は、性行為の約1時間ほど前に飲むようにします。服用後に現れる可能性のある症状の一つに、頭痛があります。治験データでは、約12%に頭痛の症状が現れていますが、バイアグラ服用により血管が拡張することで起きる一過性の頭痛の場合が多いため、頭痛薬等を飲まなくても数時間程度で治るのが一般的です。
治験データでは、「ほてり」の症状も約10%出現しています。頭痛と同様、血管が拡張し血流が良くなることで起きる症状であり、特に大きな問題はありません。
稀に見られる症状として、視覚異常があります。視界が若干青色がかって見えるもので、ほとんどが一時的なものですが、服用後の車の運転や高所等危険な場所での作業は半日程度控える必要があります。但し、視力の低下が感じられた場合は、医療機関を受診することが大切です。
勃起状態は通常数時間で収まりますが、4時間あるいは5時間以上経過しても勃起状態が維持され、かつ痛みを伴っている場合、プリアピズムが考えられます。プリアピズムとは持続勃起症のことで、性的興奮が収まると共に海綿体が吸収した血液が血管内へと戻るのが正常ですが、戻らずに留まっている状態を言います。この状態が6時間以上続くと、海綿体組織が壊死を起こし、勃起障害を引き起こすことになるため、速やかに医療機関を受診する必要があります。
また、バイアグラの作用は一過性のもので、継続的に服用することでEDなどの症状を恒常的に治療するものではありません。このほか、鼻づまりやめまい、動悸や息切れなど、普段とは違う症状が発現することがあり、多くは数時間で消えますが、症状が長時間継続する場合は、積極的に医療機関を受診するのが懸命です。

バイアグラは値段が高いという方はジェネリック

日本だけでは無くて世界的にも有名で人気が高いED治療薬であるバイアグラは、手に入れる際の薬価が高いという欠点があります。一度きりの使用であれば多少高くてもそこまでの負担とはならないですが、何度も使用するとなるとかなりの出費となります。
そのために少しでも出費を抑えたいのであれば、ジェネリック品を購入するのが良いです。ジェネリック品ならば本家のバイアグラよりも安い値段でありながら、主成分は同じなので同様の効果が得られます。
値段が安いというと何か裏があるのではないかという心配もありますが、ジェネリック品についてはきちんと安い理由があるので安心です。
新しい医薬品の研究や開発というのは莫大な時間やお金が掛かっていますが、医薬品製造メーカーは医薬品を販売して利益を得なければならないために、そうしたコストについても販売価格に上乗せされています。だからこそある程度薬価が高くなってしまうのも仕方の無い事なのです。
医薬品は特許で権利が守られているためにその特許が有効な間は他のメーカーがマネして販売する事が出来ませんが、特許が切れてしまえば話は別です。既にバイアグラの特許は切れているために他の製造メーカーもバイアグラと成分が同じ医薬品を開発して販売する事が可能となっていて、そうして作られているのがジェネリック品です。
ジェネリック品の場合は既に主成分については分かっているために、研究や開発に対して発生するコストが先発薬と比べてかなり抑える事が可能です。だからこそ安価で販売する事が出来るのであって、決して安いからといって品質に問題があるという訳では無いです。全く同じように製造されているわけでは無いので細かい点での違いはありますが、基本的には先発薬とほぼ同じ効果が得られます。

▼バイアグラよりお安くペニスを太く大きくするならばこちら
ペニソール
▼安心と信頼のあるバイアグラを通販するならばこちら
バイアグラ 通販
▼バイアグラより安価で入手できるお薬のお買い求めはこちら
レビトラの価格相場